毎日ワイン365

Smile with wine 365 days. ~貴方の笑顔が見たい

EUワインラベルの表示義務

      2016/12/05

label

 

 

義務表示

・原産国

・品名(Vin、Wine、Vino VDL等)

・発泡、非発泡、甘味ワイン

・地理的表示AOP/IGP表記と名称

・アルコール度数

・瓶詰め業者とその住所

・輸入ワインの場合、輸入元とその住所

・容量

・発泡性ワインの残糖

・発泡性ワインの生産者・販売者の名称

・アレルゲン表記(2012年より)

・SO₂の含有(2005年より)

・妊婦への注意喚起(2006年より)

 

任意表示

・ぶどう品種(単一品種85%以上、2種以上は合計100%)

・収穫年(当該年85%以上)

・AOP/IGPシンボルマーク

・スティルワインの残糖

・地理的表示GIワインに認められる表現(シュル リ、シャトー等)

・特定の醸造方法に関する事項(樽発酵、樽熟成等の表示はGIワインのみ可)

・未成年に対する警告

 

2012年よりワインに含まれるアレルギー成分の表記が義務付けられました。アレルギー成分とは卵や牛乳、二酸化硫黄等の事です。任意表示には既定のあるものと規制されていないものがあります。EUで義務化されていますが、各EU加盟国で裁量が任される形で運用しています。

 

 

参考文献:「EU、アメリカ及びオーストラリアのワイン法一覧」髙橋梯二

 

 

365wine SHOP

 - ワインの豆知識 , ,