毎日ワイン365

Smile with wine 365 days. ~貴方の笑顔が見たい

インコタームズ2010

      2016/12/02

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%ba

 

インコタームズ (Incoterms) とは、国際商業会議所により制定された、貿易取引条件の定義の事です。ワインを輸入する際、生産者(売主)とインポーター(買主)との間に取引条件を定めなければなりません。貿易取引における運賃、保険料、損失責任の負担などの条件を交渉で決定します。つまり、どちらが、どこからどこまでのコストとリスクの負担をするのかという分岐点です。ただし、国も使用言語も異なる私達、解釈の不一致があってもおかしくありません。インコタームズは貿易が円滑に進むよう、国際的に統一された定義です。1936年より制定され、最新版ではインコタームズ2010が出ています。

 

EXW、FAS、FOB、CFR、CIF等々貿易実務をされている方からすれば、基本中の基本です。EXWとは蔵出し価格です。FASはFree alongside ship 輸出港本船側渡価格、ワイン代に陸送運賃がのり、船側までのリスクも売主負担です。FOBはFree on board 輸出港本船船積み渡価格、陸上輸送と輸出手続き費用がワイン代のプラスされ、責任も船積みまで売主です。CFRはCost and freight、海上運賃込価格の事で、CIFはCost insurance and freight、運賃保険料込価格です。ヨーロッパ生産者との取引はEXWが一般的です。ちなみの自社はFOBで取引しているところが殆どです。

 

 

詳しくはこちらからどうぞ→ http://b.pasona.co.jp/boueki/word/1025/ http://b.pasona.co.jp/boueki/word/1147/

 

 

365wine SHOP

 - ワインの豆知識