毎日ワイン365

Smile with wine 365 days. ~貴方の笑顔が見たい

ワインの色の変化

      2016/12/02

%e7%86%9f%e6%88%90%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc

 

ワインが熟成するとどのように色彩が変化するのでしょうか。白ワインと赤ワインを若い→古いの順番で表してみました。

 

 

《白ワイン》

グリーン

イエロー

ゴールド

トパーズ

アンバー

 

《赤ワイン》

ルビー

オレンジ

ガーネット

レンガ色

マホガニー

アンバー

 

 

白ワインはグリーンがかったイエローから徐々にイエローが増してオレンジ茶色と変化します。赤ワインは赤みを帯びた紫から赤みが和らぎエッジにオレンジ色が見られます。少しずつレンガ、マホガニーへと進んでいきます。最終的には白ワインも赤ワインも褐色を帯びたアンバー(琥珀色)になります。若いとクリアで熟成すると濁ってきます。熟成と共に色合いなどの外観だけではなく、酸化のニュアンスや香りや味わいにも変化が起こります。若い頃は透明感にあふれ、徐々に落ち着きをみせます。そしてピーク時がもっとも複雑性が増し、緩やかに下降します。なんだか人間が年を重ねていくのと似ていますね。

 

 

365wine SHOP

 - ワインの豆知識 , , ,